カジノのブラックジャックの基本のルール

カジノの花形であるブラックジャックは自分と親の一対一勝負です。2枚からスタートして合計数字が21に近い方が勝ちとなるゲームカードゲーム。同じテーブルにプレイヤーが何人いても、勝負はディーラー一人とだけになります。カードの数え方は2から10はそのままで、ジャックとクイーンとキングは10としてカウントされるルールです。エースは1か11のどちらか好きな方を自分で選べます。勝敗の決定はプレイヤーの方から手を確定させて、全員完成したらディーラーの番になります。21を超えた場合「バースト」と無条件で負けになります。たとえディーラーがバーストしていたとしても、先にプレイヤーが負けが確定しするため引き分けにはなりません。
ブラックジャックというのは10のカード、つまり10とジャックとクイーンとキング、それとエース2枚の組み合わせのことです。3枚以上で21を作った場合ブラックジャックが優先勝ちになるようになっています。どちらもブラックジャックだった場合はディーラーが勝ちになります。それが同じ数字だった場合はプッシュで引き分けです。配当は勝てば2倍になり、BJで買った場合は2.5倍になります。引き分けの場合は全額返金のルールになります。ディーラーとの勝負とも言われるブラックジャック 必勝法を熟読して勝負に挑みましょう!

ブラックジャックはスロットなど他のカジノゲームと違って「スキルゲーム」と呼ばれます。つまりもう一枚を引くのかどうかと選択権があって戦略の力と経験を生かすからです。駆け引きが重要になるところがブラックジャックが愛されているわけなのです。ディーラーは16以下だった場合は3枚目を必ず引くようになっているというルールがあり、そのためディーラーがバーストは結構よくあることなのでプレイヤーに勝ちが起こることはよくあります。また将棋やチェスのように基本的な戦術などが存在しているので、これを身につければ勝率を格段にアップさせることも不可能ではないというところもまたカジノゲームの中でも面白いところです。