韓国のカジノのブラックジャックのレートは違うのか

韓国のカジノのブラックジャックのレートは日本のカジノのやオンラインサイトのカジノのブラックジャックのレートとどこが違うのでしょうか。実際はそれほど変わりありません。かけたチップの同額が勝てばもらえますし、負ければディーラーのものになります。そして引き分ければそのまま差し戻しとなるブラックジャクのレートはほぼ韓国であれマカオであれ同じです。そしてそれこそがブラックジャックの魅力なのです。エースとピクチャーカードだった時のブラックジャックの時は2.5倍になって戻ってくるということも韓国でも健在です。

こうしたシンプルでわかりやすいルールが世界中で愛されている証拠なのです。確かに大昔からブラックジャックはありました。英国の貴族たちの手によって始まったと言われるブラックジャックは、それから何十億人という人達にプレイされそれによって様々な攻略方法が開発されていきました。そんな世界共通歴史のあるブラックジャック 必勝法。それが韓国でももちろん通用するわけです。

例えば10点のカードはとても多いので捨てられているものは全部10点として考えてしまうというテクニックがありますジャックやクイーン、キングなども全部10点とカウントされますので、それによっていちいち気にせずに全部捨てられて見えていないカードは10点とみなして計算してしまうのです。つまり10点のカードというのは全体のカードの3割が相当しますのでそのような決め方をして攻略法を練っていけばもし仮に2点とか3点が出た場合を待てしまうとはいえ勝負を続けていくうちにそれが効果が出てきて次第に儲けに繋がっていくのです。還元率は98%から101%と言われています。これだけ高い還元率ならば、初心者の人でも大損してしまう心配はありません。