カジノのブラックジャックのカウント方法は

カジノのブラックジャックは花形的ゲームであり、ルーレットやバカラに並んでとても有名なゲームです。オンラインカジノでもとても人気があり特にビットカジノは入金~出金が全てビットコインでできるので、面倒な換金手続きがなくとても便利です。

これだけ人々がエキサイティングする理由はブラックジャックのシンプルなカウント方法にあると考えられるでしょう。特に面白いのがピクチャーカードは全部10点とカウントすること。11点12点13点とカウントせずにあくまで10点とカウントするその点に注目することで大きな確率論に変動が起こり人々によって攻略法というものが作られてきたのがカジノブラックジャックなのです。すなわちまだ見えていないカードは全部10点であるとみなしてしまうというテクニックがあるのです。3割は10点とカウントされるカードなのでそれでもちろん10点だと思ってたものが3点だったりしたら大損をしてしまうようにも見えますが、勝負を続けていくうちに3割という大きな数字がきいてきて次第に買ってきます。3割といえばイチローの打率とほとんど変わらないと言えるでしょう。それだけ大きな確率なのでいっそのこともう10割だとみなしてしまってそれでゲームを進めていくことでディーラーが負ける確率が上がっていくのです。すなわちプレイヤーが勝つ確率が上がるというわけです。

人によってはもう少し大きくかけた勝負に出たい劇的な勝利を収めたいという気持ちから、ついついその鉄則・確率論を無視したような予測を立ててしまう人がいますが、それで大失敗しないわけがありません。逆に言えばしっかりそのルールに従っておけば初心者の人でも確実に儲けを出すことができるのです。そういったカジノスキルゲームであるブラックジャックがかつてから人気だったのもうなずける出来事です。