カジノのブラックジャックでカウンティングを活用する方法とは

●ブラックジャックの特徴と攻略法
ブラックジャックはバカラと共に人気が高いカードゲームで、多くのカジノでプレイすることができます。ブラックジャックのルールは配られた札の合計数が21に近い方が勝ちで、22を超えた時点で負けです。Aと絵札については1または11のいずれか有利な方で数えることができます。プレイヤーのみ3枚目以降のカードを引くか否かを自由に決めることが可能でディーラーよりも有利なルールであることから、客の方が勝ちやすいゲームのひとつです。その為、ブラックジャック 攻略法は歴史が長く様々な方法が考えられてきました。

●カウンティングとは
ブラックジャックではAまたは絵札が出るとプレイヤーにとって有利になります。もしも残されたカードにこれらの札が多く含まれているとプレイヤーが勝つ可能性が高くなるので、多めに賭けることができます。ブラックジャックでは最後に配られたカードが全てオープンされるので、配られずに残されているカードを予想することができます。理論上は既に配られたカードを記録しておくことで、次回以降のゲームで配られる確率が高いカードの種類を判別することが可能です。ただし毎回のゲームごとに配られたカードを全部記録することは不可能なため、一定の規則にしたがって数える手法(カウンティング)が存在します。例えばゲーム中にAと絵札が出たら1枚につき-1点、7~9は0点で2~6が出れば+1点として点数計算を行います。累積点数が高くなった頃を見計らって、多めにチップを賭けることができます。

●カウンティングを活用する方法とは
実店舗のカジノ店ではカウンティングが禁止されていますし、実行するとすぐにディーラーに見破られてしまうので活用することができません。これに対してオンラインカジノであればコンピュータが相手でカウンティングが禁止されている訳ではないので、攻略法を活用することが可能です。ただしオンラインカジノではチップを賭ける時間が制限されているため、素早く計算をすることが必須です。無料のゲームで練習をすれば誰でもカウンティングができるようになるので、オンラインカジノのブラックジャックをプレイする際に活用することができます。