サンズのカジノでブラックジャックをプレイするには

サンズはアメリカ合衆国に本社があるカジノ運営会社であり、ラスベガスなど世界各地でカジノを運営しています。サンズのカジノに挑戦するのであれば、ブラックジャックを楽しんでみてはいかがでしょうか。ブラックジャックは親と子が勝負をするゲームであり、手札の合計が21に近い方が勝つことになります。プレイヤーは自分に配られたカードを見ながら、次のカードを引く(バイ)か、次のカードは引かない(ステイ)かを判断することになります。例えば手持ちのカードの合計が16や17などの場合には、次のカードを引くか引かないか迷ってしまうことがあるかもしれません。

ただし実際にサンズのカジノでブラックジャックをプレイする場合には、プレイヤーは一定のルールに従ってバイかステイかを判断することになります。ブラックジャックのテーブルでは複数のプレイヤーが横並びでプレイをするため、前のプレイヤーの判断が次のプレイヤーに配られるカードに影響を及ぼすのです。そのため「暗黙のルール」が設定されており、プレイヤーはこれに従うことが必要とされています。

ルールは若干複雑ですが、一度覚えてしまえば機械的にプレイすることができます。親のカードがAまたは7~10の場合には、プレイヤーのカードの合計が16以下ならバイ、17以上はステイです。親のカードが2~6ならば、プレイヤーは合計12以上でステイとなります。手札の合計を少額に抑えて、親のドボン(21以上を引くこと)を待つのです。さらに親のカードが2~6でプレイヤーの2枚のカードがA・6・7・8のゾロ目(同じ数字)になった場合には、スプリットを宣言してこれをハンド(2つのゲームに分割すること)します。同条件で9・10のゾロ目になった場合には、スプリットは宣言せずそのまま勝負を続行してください。初心者だから本場のカジノはちょっと、という方、まずはルールや雰囲気をネットカジノで体験してみるのもおすすめですよ。