カジノで人気のブラックジャックの配当

ポーカーは、自分自身がプレイヤーとしてカジノのディーラーを相手に勝負するギャンブルであり、カジノのディーラーのアップカードからディーラーの最終的なハンドを予測すると共により21に近付ける為にカードを1枚引くヒットやカードを引かないステイなどを行うギャンブルです。ポーカーは、より21に近い事が勝利条件ですが、最初に配られた2枚が10〜13の何れか1枚とエースだった場合にはブラックジャックとなり、最高の手としてナチュラル21とも呼ばれています。ポーカーは、10〜13の何れか1枚とエースで構成されているナチュラル21が3枚以上のカードで構成される21よりも強いルールがあり、配当は賭け金の2.5倍となっています。また、カジノのディーラーだけが21を超えてバーストした場合にはプレイヤーの勝利となり、配当は賭け金の2倍です。
ブラックジャックは、カジノの胴元よりも21に近い場合には賭け金の2倍が配当となり、ブラックジャックで胴元に勝った場合には賭け金の2.5倍が配当とされますが、引き分けの場合には21以下の同数でも双方最高の手のブラックジャックでも賭け金と同額が返金されます。胴元よりも21に遠い場合には、プレイヤーの負けとなり賭け金が没収されまますが、ディーラーとプレイヤー共にバーストしてしまった場合には形式上ディーラーの勝ちとなり賭け金が没収されてしまいます。ブラックジャックで稼ぎたいかたはこちら ジャックポットシティカジノで遊べる全種類のブラックジャックを徹底調査
ポーカーには、一般的な配当にだけで無く、インシュランスと呼ばれる特殊配当があります。インシュランスは、カジノのディーラーのアップカードがエースの場合にディーラーがカードの合計が21になる事に賭ける事を指し、見事カードの合計が21になった場合には賭け金の3倍が払い戻されます。