カジノではブラックジャックのハウスエッジが重要です

ハウスエッジ(House Edge)は控除率という意味の英語で、簡単に言うと胴元であるカジノの取り分のことです。ハウスエッジが低いとカジノ側の取り分が少なくなり、その分賭けている人に還元することが多くなります。

例えばブラックジャックの場合、確率から計算されたベーシック:ストラテジーというものがあり、これを忠実に守ってゲームをプレイしているとハウスエッジは低くなります。最初はそれほど効果を実感しないかもしれませんが、プレイを続ければ続けるほどこのベーシック・ストラテジーの効果を実感することができるでしょう。カードを引くか引かないかというプレイヤーの考えによって勝敗は左右されたり、技術的にも左右されます。ハウスエッジを考えると、もしブラックジャックだとしても諦めるという方法もあるでしょう。ブラックジャック以外のゲームについても知りたいかたはこちら ワンダリーノカジノで遊べる注目ゲーム5選

注意しなければいけないことは、同じベット額を賭け続けるということです。気をつけないとハウスエッジに逆らうことなく少しずつですが確実にお金が減っていく可能があります。注意がいるのは同じ機種やテーブルゲームを長時間利用することです。カジノ側の取り分があるギャンブルは長時間プレイすると、資金が底をつくことが訪れます。ゲームには波があるのでその波が低くなってきたら機種を変えたり、ゲームを変えることをおすすめします。負ける人は負けるまでプレイしていることが多く、早めに切り上げることが大切です。ブラックジャックをプレイする場合、資金をいくらか持っていないと無理があります。ハウスエッジの低いゲームの場合は勝っても1ラウンド毎に勝利金が2倍になるものがほとんどなので、勝つ前に自分の資金がなくなってしまう可能性があるでしょう。ギャンブルをする場合、勝ちたい金額の半分くらい資金は準備しておくと安心です。