東南アジアにもカジノがたくさんある

カジノはアメリカのラスベガスがとても有名ですが、アジアにも有名で規模の大きなカジノを楽しめる観光地がたくさんあります。日本から行きやすいアジアはラスベガスに比べると飛行機のチケットも安く手に入りますし、ホテル費用も抑えて宿泊費を安く済ますことも出来ます。物価も日本より安い観光地が多いので、食事代やアクティビティを楽しんでもアメリカよりも安く旅行を楽しむことも出来ます。移動にかかる時間も短いので、移動にかける時間は短く、現地で楽しむ時間を長くとりたい方には向いています。東南アジアでも複数の国でカジノを含めたリゾート開発が進められ、営業していますので、自分の行ってみたい国で渡航先を選ぶようにしましょう。東南アジアには、ビーチリゾートやスパ・リゾートも多いので、カジノ以外も楽しめます。特に本場のカジノでしっかり楽しみたいのであればカジノの必勝やルールを覚えておくといいでしょう。

東南アジアでカジノと言われて真っ先に思い浮かべるのはマカオでしょう。マカオは日本からの直行便も就航していますが、香港からもフェリーが運行していますので、マカオ行きか香港行きかどちらかの飛行機に乗ることで訪れることが出来ます。来年には香港とマカオを直接結ぶ海上の橋も開通することが期待されていますので、益々中国本土からの観光客や海外からの観光客が増加することでしょう。マカオの特徴は中国本土のお金持ちが多く訪れる点です。豪華なホテルを歩いていても、飛び交う中国語や、掛け金の大きなプレイヤーが多いことに驚かれるかもしれません。その為、英語が堪能なスタッフが少なかったり、中国本土のプレイヤーの方の勢いに押されてしまうかもしれません。しかし、マカオは世界遺産もあるので、観光旅行でも魅力的な渡航先です。

出来れば、英語が支障なく使うことが出来る観光地を選びたいということであれば、シンガポールやフィリピンが良いでしょう。シンガポールは2000年以降統合型リゾートの開発に注力していますが、物価が高いのでホテル代や飲食代は日本と変わらないか、それ以上になってしまう傾向にあります。フィリピンであれば、カジノはもちろん、町中でも英語を話して困ることは少ないでしょう。フィリピンは首都のマニラはもちろん、セブ島にもカジノがあります。フィリピンは物価も安く、高級ホテルであっても日本よりも安価に泊まれる場合があるので、予算を抑えてカジノでのプレイに予算をかけたい方には向いています。また、セブはビーチリゾートとして有名で、サーフィンを楽しんだり、海でのレジャーも楽しめますので、観光地で思う存分楽しむことが出来るでしょう。

正しくカジノを理解しよう!詳しくはこちら!ジャックポットシティカジノの登録から入出金、評判、口コミ、遊び方とは