カジノのついた店名が違法とは限りません

日本では賭博行為は法律で禁止されています。ですから、ラスベガスやシンガポールで運営されているカジノは、日本国内では営業が認められていません。競馬や競輪、競艇は公営競技として、また、パチンコは遊技として行われているだけであって、ある意味、法の網をかいくぐった存在と言えるでしょう。現在、IR推進法によって日本にもカジノを解禁する方向に動きつつあります。それによって得られる経済効果の大きさを考えますと、早期に実現することが望ましいのは言うまでもありません。一部に出ているギャンブル依存症増加への懸念や治安悪化への危惧などへの対策を確立することで、大きなトラブルは起こらないと見られています。そもそも、日本での導入は、当初は二カ所か三カ所からスタートして、稼動の様子を見ながら他の都市への拡大を検討することとなっています。

ですから、現在のパチンコ店や競馬の場外馬券売り場のように街の至るところに店を出しているわけではありません。管理は非常にやりやすいのが事実です。国内でのギャンブル施設の設置は許されませんが、店名にカジノを入れて、ラスベガスやマカオでやっているのと同じゲームを楽しむことは、リアルベッティングをしなければ法律上の問題はありません。ゲームセンターなどがその例です。客から入場料をとっても、違法ではありません。現実に、カジノバーという店名の店で、食事や飲食を提供しながら、ゲームを指せている店は多いです。場所によっては、ゲームトーナメントイベントや貸し切りでのパーティーなども開催できるアミューズメントバーもあります。お酒を飲みながら、ゲームをプレイしている客でにぎわっている光景がよく見られます。

ラスベガスやマカオ、シンガポールなどといった正式のカジノに行って、ベットを伴うギャンブルを行うのであれば、その練習のために日本でカジノバーに行って腕を磨くとか雰囲気になれておくというのは、大いに意味のあることと言えましょう。また、将来的にポーカープレイヤーのプロを目指している人であれば、スキルをブラッシュアップするための場としてはぴったりのところです。さらに、本場のカジノの雰囲気を味わいたい人が、会社帰りに軽く立ち寄ることもできますし、中には、美人ディーラーを一目見たいと思って足を踏み入れる男性客もいます。さらには、若い女性客がカジュアルな雰囲気に惹かれてくつろぎたいと思い、足を運んでいるケースもあります。店名にカジノが入っているからといって、決して法律に反して営業している店ではありませんので、注意しなければなりません。