北海道の苫小牧市がカジノの有力地に

統合型リゾート施設の建設や運営を推進する法案が可決され、具体的な耕地の名前が挙がるようになってきました。東京オリンピックに向けての目玉企画のひとつとも言われていましたが、法案の整備や調査、選定が遅れており東京オリンピック後のオープンになる可能性もあると言われています。そんな状況の中、北海道の苫小牧市がカジノの建設の候補地として名乗りを上げており大変話題になっています。苫小牧は、日本でも有数の国際ターミナルである新千歳空港に大変近くJRやバスなど複数路線がすでに乗り入れており移動時間も短いエリアです。広大な平地で海が近く、札幌や室蘭、函館などへのアクセスが良く道内のおいしい食べ物が集まりやすい立地でもあります。新千歳空港に近いことで、海外からの観光客を取り入れやすく、国内旅行にも行きやすいエリアなのでメリットが大きいと注目されています。

北海道は国内からはもちろん海外からの観光客も大変多く、新千歳空港は民営化されたり発着数を増やしたりして対応しています。集客力がある北海道にカジノを建設することは、日本にとって大きな利益につながる可能性があります。他にも横浜や大阪、沖縄などの候補地がありますが、苫小牧市ではいち早くプランの策定に乗り出し、市民へも広報などを利用して啓発しているので、本気度はかなり高いと思われています。すでに東京都で行われた専門家を招いて方向性の答申などに乗り出しているので、苫小牧が後々まで横浜や大阪、沖縄などと候補地として争う可能性もありますが、他の土地に比べると他の地域の影響を受けにくいため、複数のカジノのうちのひとつとして選ばれる可能性もありそうだというのが専門家の意見として多いようです。

苫小牧はカジノの候補地として魅力的な要素が多いことをメリットとしてとらえている人が多いと言われています。全国の候補地が、空港や港などが近くアクセスの良さが重要視されている傾向がある中、苫小牧も新千歳空港から約30分というアクセスの良さが魅力です。札幌市へもJR1本で行くことができるため道内観光の拠点としても申し分ない立地です。沿岸地域で美しい海をいかしたリゾートホテルやアクティビティを充実させたり、海の幸をいかしたグルメを満喫しやすいことも大きな魅力です。北海道の中では積雪量が比較的少なく、寒い冬にスキー客以外にカジノ客が見込めるようになれば北海道全体の活性化にもつながると考えられています。自然と産業、観光のバランスが良く広い土地が確保できメリットが多いので有力候補のひとつと言われているのです。カジノ設立まで待ちきれない方はオンラインカジノへ!