カジノのブラックジャックの遊び方の基本。

カジノゲームの花形であるブラックジャック日本人でも聞いたことが多いかもしれませんし、とても馴染みの深いゲームで。当然ラスベガスでも一番人気のテーブルゲームとなっております。魅力は良心的なルール部屋と適正なプレイをすれば良心的ルールですが、とはいえ実際には多くの人々がその良心的なチャンスを活かしきれていないと言えるでしょう。カジノブラックジャックの基礎講座基本的なルールと遊び方について説明しましょう。

ブラックジャックの遊び方はまず掛け金をサークルの位置に置きます。ゲームはジョーカーを除いた52枚のトランプを使います。これが「1デッキ」であり、そのデッキの数は1デッキから8デッキまで色々あるのですが、一流カジノのミニマムの低いテーブルなのでは6デッキが主流です。この時シューゲームの場合では表向きでハンドヘルドゲームには裏向きで配っていきます。ディーラー自身には一枚のカードを裏向きに、そしてもう一枚の表向きに配ります。裏向きのカードのことは「ホールカード」表向きのカードのことは「アップカード」と呼ぶようにしています。ディーラーはそれぞれのプレイヤーに2枚のカードを配っていきます。
ゲームの遊び方は合計が21を超えることのないようにディーラーよりも大きな数字が出れば勝ちでそうでない場合は負けになると言えます。同点の時プッシュであり引き分け、勝ったときは最初の掛け金の動画が配当となって、なければ掛け金が没収というわかりやすいルール。最初の2枚のカードが絵札とエースの組み合わせの時「ブラックジャック」という訳で、掛け金の1.5倍が配当となるというチャンスが訪れてきます。しかしこの時ディーラーもブラックジャックだった場合は引き分けになってしまいます。それから絵札の場合は全部10です。エースは1でも11としても良いようになっています。プレイヤーの有利になるように選ぶことができるようになっているのです。そして見事に21直前を目指してディーラーに勝利を目指すのです。ブラックジャックについて理解できたらブラックジャック 必勝法もチェックしてからプレイしてみましょう!