カジノのブラックジャックで勝率を上げるステイ

カジノでブラックジャックをプレイする際には、まず始めにステイの役割を考えることが勝利への鍵です。ブラックジャックでは基本的な行動にヒット・スタンド・スプリット・ダブルダウンがあります。ブラックジャック初心者の人が、意識した方が良いのがスタンド、つまりステイです。実際のカジノでは掛け声を言うか、テーブルの上で手のひらを下にして左右に振るとスタンドの合図となります。またオンラインカジノでもベラジョンなら本場さながらのライブカジノ を楽しめるので試してみましょう。
なぜこのステイが重要なのかと言うと、ブラックジャックの基本的なルールによるものです。21に数字が近いほど強く、それを超えるとバーストして負けになります。ただし、プレイヤーは最初に配られた二枚の手札からカードを引くかどうかの判断が可能ですが、ディーラーは数字が16以下なら必ずドローする必要があります。つまり、ディーラーは17から21の数字の間で勝負をするか、バーストするかのどちらかになります。しかし、これはプレイヤーがバーストしなかった場合に限るのです。両者がバーストした場合はプレイヤー側の負けとなるため、プレイヤーはステイを上手く活用することが必要になります。
例えば、最初の手札が16だったとします。この状況でカードを引いてしまうと61.5%の確率で無条件に負けとなります。注意したいのが、負けを回避したとしても手札が良くなるだけで勝てるとは限らないということです。対してステイした場合の負ける確率は66%となりますが、33%で無条件に勝つことができます。実は期待値を考えると33%以上あれば、理論上はプラスになるのです。この確率は全体で考えた場合の数値なので、当然ディーラーの手札によって変動します。すると、カジノのブラックジャックではディーラーの表示カードが2から6、かつプレイヤーが12から16であればステイを選択するという勝率を上げる法則が生まれるのです。