カジノでブラックジャックを遊ぶ際のマナー

ブラックジャックは基本的にはディーラー対プレイヤーの構図になっています。そのため、1対1で考える人もいますが、実は場の雰囲気や周りのプレイヤーを考えることもマナーと考える人もいるのです。中には団体競技だと言う人もいるくらいですので、ブラックジャック初心者の人は注意が必要です。特に細かい仕組みが分かっていない場合でも、座る席には配慮しましょう。これは実際のカジノでもオンラインカジノであっても変わりません。初心者の方におすすめのオンラインカジノが知りたい方はこちら 日本語対応が充実しているオンラインカジノ一覧
基本的にはブラックジャックでは右側から座っていくのがマナーですが、一番左の席については特別です。これは日本におけるビジネスマナーなどではなく明確な理由があります。それは、左の席は唯一ディーラーの引くカードをコントロールし、場の流れを左右することができるからです。ステイするかヒットするかによって、ディーラーがカードを引くかどうかが決まります。結果論ではありますが、周りの状況に合わせて選択することで場が盛り上がることも盛り下がることもあるのです。例えば、ディーラーのオープンカードが「4」であった場合、自分の手札が「14」だとします。ブラックジャックでは、ディーラーは16以下なら必ずもう1枚引かなければならないと言うルールがあります。また、ディーラーの伏せられたカードは10とみなすのが基本戦略です。すると、ディーラーが21を超えてバーストする可能性が高く、ステイすることが好ましい選択になります。もちろん場に出されたカードも判断材料として影響しますが、場の全員が勝てる選択肢を捨ててまでヒットすることには納得できる理由が必要でしょう。
以上のようなことから、他のプレイヤーが見えないオンラインカジノでブラックジャックを遊ぶ場合であっても、最低限配慮することも大切です。慣れない内は一番左の席を避けた方が賢明です。何より自分が場の空気を楽しむためにも、重要なポイントになります。場数を重ねれば盛り上げる選択をして、複数で空気感を楽しむことができるのもブラックジャックの醍醐味です。