カジノでブラックジャックのセオリーを守れば稼げる

カジノの数あるゲームの中で最もセオリーが確立されているのがブラックジャック。最も稼げるしこのセオリーをしっかり理解して実践すれば還元率は98%と高いものが期待できます。

一番有名なのはダウンカードは出店と考えるべきだということです。しっかり押さえていないとかなり有利なゲームを大損してしまう可能性が出てきます。カジノのディーラーの伏せているカードは全て10点だと仮定して決断や基本的戦略を練っていくことが重要になります。なぜなら10点のカードは10の他にジャック、クイーンキング16枚もあるからです。これは1デッキのカードの30%にも当たるのので、もちろん10点以外の数字が出る場合もありますが、長い戦いをしていくとこの30%、3回に1回は10が出てくることになります。例えばディーラーが表にしているカードが8だった時は何か50点だと仮定することによって相手は18点であると考えて、自分のカードを18点以上にするように心がければよいわけです。一方でディーラーのカードカードが3点だったと場合は相手は13点なので、もう一枚引く2もう一枚引くのも10点と仮定するとバーストしやすいという可能性があります。このようにしてもう一枚カードを引くべきか行かないべきかなども決めることができるのがカジノのブラックジャックのセオリーなのです。

一方でインシュランスなどは基本的に使わない方が得になります。ディーラーの表向きにしているカードがエースだった場合に使うことができるインシュランスですが、この保険料をかけて戦うような必要はほとんどないのです。なぜなら伏せてあるカードは30%の確率で10だからです。そしてインシュランスとすると配当が2対1になるためかなり不利な条件になると考えられます。このようなセオリーを大切にブラックジャックを楽しんでください。なお、ブラックジャックを楽しむなら ボーナスの種類が豊富なベラジョン がおすすめです。